妊娠線クリームで妊娠線予防!新米ママが教える3つの対策方法

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

妊娠線は妊娠線クリームを使うことで対策をするのが一番で間違いがありません。

このブログではそんな妊娠線と、妊娠線クリームについて解説をしています。

妊娠線クリームを使って妊娠線を予防する3つのメリット

子供を2人出産していますが、妊娠線はできないように予防にはかなり気をつけました。お腹には全くないのですが、それでもお尻の横両サイドの太ももあたりには肉割れのように妊娠線がでてしまっています。

通院していた産院の受付にも予防クリームが置いてありましたが、なかなかのお値段だったのと、どこのメーカーなのかよくわからず手がだせませんでした。

そこで、私は市販のボディクリームを毎日毎日、お腹や気になる部分に塗りました。お腹が大きくなるにつれてお肌に栄養を与えておけば、伸びていくお肉も柔らかくなって、伸び縮みにも柔軟性がでてくるかな、という持論ですが。

価格もリーズナブルだとケチらずたっぷりと塗れるので、自分には向いていたような気がします。

1人目は20代前半で出産したので、まだまだおしゃれもしたかったし、水着も着るかもしれないということで、念入りに暇さえあれば、お腹周りに塗っていました。

若かったのもあり、新陳代謝も活発だったのか、1人目の出産後は全く気になる線も出ず綺麗なお肌に戻りました。

2人目は30代後半での妊娠で、しかも前置胎盤で安静に過ごすため、7ケ月目からは入院生活でしたが、病室に持ち込んでシャワーの後には必ずケアをしていました。ただ、2人目は高齢での出産だったせいなのか、お尻周りにクリームを
塗り忘れていたのか、今でも太ももあたりに妊娠線が残っています。

骨盤が広がった実感もあったのと、若干、妊娠で体重が増えたのも原因かもしれませんが、出来てしまった妊娠線はなかなか消えず困っています。

ボディークリームと妊娠線クリーム

お腹と違って、あまり見える場所ではないのでいいのですが、やはり女性としては気になります。

まず、角質除去ができたり黒ずみに効果のあるボディクリームをバスタイムに使ってケアしています。スクラブも入っているので、お肌はツルツルになるのですが、なかなか肉割れしてしまってる部分には効果がないので、最近では美容液をボディクリームに混ぜてお風呂上がりに塗っています。

化粧品としてニキビ跡や角質除去に効果のあるものを探して、それをボディに使っています。AHAが配合されているものがいいとも聞いたので、試しに使ってみたりもしていま
す。消えるところまではいってませんが、多少は薄くなり綺麗になってきてるような気もします。出来てしまったもののケアはやはり大変でお金もかかるので、妊娠線ができないように予防に時間とお金をかける方のがオススメです。

私は1年半前に第一子を出産しました。妊娠線はネットで検索とかすると、赤い痣みたいな線がおへその周りにできている画像が無数に出てきて、自分にもできたら嫌だなあと怯えていました。

予防のためにはこのぐらいしかないけどと思いながら、妊娠中にはジョンソンエンドジョンソンのボディローションを入浴後に塗っていました。その後、妊娠後期からはピジョンのオーガニクスシリーズのマッサージクリームとオイルを
何かの特典で頂いたので、それを塗っていました。オイルは皮膚に馴染んで柔らかくなる気がしました。

それが効いたのかは分かりませんが、結果、恐れていた妊娠線はできませんでした。でも出産後数ヶ月は妊娠で伸びきったお腹の皮がシワッシワにたるんで、これ戻るのかなあ…と不安でした。ダイエット番組で大幅に痩せた人の皮膚み
たいな感じで、お風呂に入るとき鏡に映った自分を見て、搾りカスみたいだなあと思いました。妊娠線やたるみをはじめとした体型やルックスの変化は本人にとってはショックなことだなぁと身をもって思いました。

私は出産までに妊娠線はできませんでしたが、実は先日自分のバストをふと見て、これ妊娠線?というような白い線を発見しました。(ネットによると妊娠線は出来た当初は赤いが、時間の経過とともに白い線として残るらしいです)

妊娠線クリームは妊娠線への効果もバツグン!

もともと貧乳でしたが、出産後は完全母乳でやっていけるほど母乳が順調に作られ、貧乳が急速にパンパン、ガチガチに張った状態になりました。それとともに、おっぱいの皮膚も急速に伸ばされ、妊娠線になってしまったのではないか
と思われます。

そんな私でも妊娠線クリームを使うことで妊娠線の予防もできますし、消すこともできるのです。
妊娠線クリームの専門サイトでも下記のように解説されています。

妊娠線クリームの主な効果は妊娠線の予防です。妊娠線はそのガサガサした見た目から分かるように、肌の潤いが不足しています。

弾力ある繊維の破壊、潤い不足が妊娠線の主な問題、逆を言えばこの2つを徹底的に予防すれば妊娠線は防ぐことができるということですね。

妊娠線クリームは肌に効率よく水分を与え、体の増大に伴う肌の引っ張りに繊維が耐えることができるようにするのです。

またすでに妊娠線が出来ていてもクリームを塗り続けることによって妊娠線を目立たなくすることができます。

妊娠線クリームの中にはコラーゲンを再構築して、妊娠線を薄めて目立たなくさせる働きがあるものもあるのです。
参照:妊娠線を予防する妊娠線クリーム人気ランキング

このように、妊娠線クリームの効果は高いと統計もでています。

いずれにしても妊娠線クリームを使うことで妊娠線対策をする事は可能になるのです。

幸いよーく見ないと分からない程度の線で、よかったです。胸にできるのは、母乳の作られ具合にもよるから、完全に不可抗力だと思いました。でも、塗る余裕があれば産後のおっぱいにも何かクリームを塗ったほうがいいのかもしれませんね。実際産後は顔に化粧水塗る暇もないぐらい忙しいんですけどね…。

また、妊娠線は病院で処方をしてもらう薬で治す事も可能です。

参考サイト⇒妊娠と薬情報センター
https://www.ncchd.go.jp/kusuri/


妊娠出産を経験してみて、妊娠線の予防にはクリームやオイルを塗るケアも大事だけど、一番は急激に太らないことが大事だと思いました。私は普段は食べてもあまり太らないタイプなのですが、妊娠中は本当にすぐ体重が増えるのでびっくりしました。

甘いものが中毒レベルで食べたくなっていたのですが、市販のお菓子は禁止!手作りおやつならOKと自分ルールを設けて、牛乳寒天などでしのいでいた時期もありました。手作りおやつのレパートリーが増えて、これはこれで楽しかったです。
ちなみにシワッシワだったお腹は今はほぼ元の状態に戻りました。頂いたピジョンの産後引き締めオイルをたまに塗っていましたが、これが効いたのかはわかりません。ちょっとは効いたってことにしておきます(^^)

毎日仕事と家事に追われる毎日でストレスがたまり、激太りした時期がありました。

その激太りしている時期に妊娠し、さらに体重が増えおなかや太ももに妊娠線ができてしまったのです。

最初気づいたときに妊娠線専用のクリームやオイルでケアをしてみたもののそのときにはもうすでに遅かったんです。

本当であれば妊娠線ができる前にケアしておかなければいけなかったもので、ひどく後悔したことを思い出します。

あれからもうかなりの時間が経ちましたが、この妊娠線は私の体に深く残っています。

現在では芸能人の人がよく利用するといわれている、妊娠線を消すレーザーなどもあるそうです。いろいろ調べてみましたがかなり高額な費用がかかることを知りました。これから誰かに見せることがあるのならばレーザーをするという
のも一つの手なのかな?とも思いますが、今のところ誰かに見せるという機会もないのでそこまでしなくてもいいのかなぁとも思っています。

ただ、できることならば少しでも薄く目立たない状態になってほしいと思い、妊娠線が薄くなるといわれているクリームは毎日欠かさずに塗っています。

昔に比べたら赤みがなくなり、今では白い筋のような状態まで変わりました。

これも妊娠線専用のクリームのおかげなのかなぁと思っていましたが、調べてみたところ妊娠線は時間がたつと赤い線から白い線に変わってくるということがわかったんです。

そうなるとあまり私が今塗っているクリームは意味がないのかなぁとも思っていますが、気休め程度にやっているような状態です。

ただ妊娠線にはあまり効果がないですが、皮膚はとてもすべすべで柔らかい状態になりました。

妊娠線ができる原因として、皮膚が固いという要因もあるそうです。あまり気にしたことはなかったのですが、今思うと私の皮膚は堅かったのかもしれません。

あの当時、もしケアをもうしていて柔らかい皮膚を手に入れてたのならば、今の私の体に妊娠線はなかったのではないかなぁと振り返ることもあります。

私には皮膚をケアするというのは顔がメインで、体まではケアが行き届いてませんでした。それが一番の原因だと今になってとても後悔しています。

皮膚は子供に遺伝するという話もあるので、今から体のケアは必要だということを子供に切実に語っています。

私のようにならないように、小さいうちから体の皮膚のケアをするという習慣をつけていけたらと思います。

私にはもう消すことが難しい妊娠線ですが、妊娠線の知識がもっと広まり同じような被害にあう人がいなくなってくれたらと思っています。

ホホバオイルのおかげで、免れた恐怖と妊娠線

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

私は独女で、子供嫌いだったので結婚するつもりすらありませんでした。

しかし自分の人生を全て覆すような男性に出会い、30代後半で結婚しました。そして子どもに恵まれて、妊娠しました。昔、幼馴染のお母さんで親しくさせていただいた人が居たのですが、小学校の時に一緒にその人とお風呂に入ったら、お腹に複数の線が入ってきて、あまりにも目立っていたので子供の私は正直に聞いたのです。

「おばちゃんこれなぁに?」とすると子どもを産むと、お腹に線が出来るんだよと言われて、ゾッとしました。その後、小学校の授業で出産シーンを見た私は恐怖のあまり絶対結婚も、出産もしたくないと固く心に誓ったのです。そんな感じで恐怖の対象だった妊娠線。しかし、私も子どもを産む事となってしまいました。私も妊娠線でお腹がシマウマのようになってしまうのだろうかと、恐怖心持っていました。すると姉が私の気持ちを察して、ホホバオイルを贈ってくれたのです。元々肌に何か塗るのが嫌いな性格だったのですが、さすがに恐怖の妊娠線だけはどうしても避けたくて、マメに姉からもらったホホバオイルを塗っていました。本当にこんなオイルだけで妊娠線をふせげるのか、正直半信半疑ではありましたが、やっぱり知り合いのおばさんのお腹を見た時に、恐怖とショックが頭に残っていて、必死に臨月間近までマメに塗りたくっていたのです。

しかし、臨月間近になって塗っているとなんだか皮膚が、和らぐ感じがするのです。これは実際に体感しないとわからないのですが、本当に張り詰めた太鼓の皮に水を付けたような感覚と言えば、なんとなく想像できるでしょうか?もうパツパツになった皮膚が、ホホバオイルを塗る事で、また余裕が出来る気がするのです。それは単純に感覚だけなのかもしれませんが、張り詰めた物が緩む感じなのです。

私自身これはもしかしたら、効くかもしれないと体感し始めたので、お腹が張って痛い時とかは特に念入りに塗るようにしました。そしてとうとう、分娩台に登る時が来ました。もう陣痛の痛みで頭はボンヤリしていましたが、看護師さんが私のお腹を見た時の感想だけは、きちんと覚えています。「こんなに大きなお腹のに、お腹の表面がとっても綺麗ですね。だいだいみんな妊娠線が出来ているんですが、なにか塗られていました?」と聞かれたのです。私は姉からもらったホホバオイルを、お腹の皮膚が張って痛いような感じの時に、塗っていました。と答えました。その後看護師さんからは「こんなに皮膚が綺麗な人は、初めてみました。」と言われました。

その言葉で私は妊娠線から免れと実感して、ホッとしました。その後すぐに年子で二人目を出産しましたが、ホホバオイルおかげで妊娠線はいまだにいっさいありません。

自分に出来ることをコツコツ続けています!人生をきれいに生きる為に

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

若かったときは念入りに手入れをしなくても、ある程度ほったらかしにしていても肌の潤いはそれなりに保たれていました。でも、年齢を重ねるとともに年々肌の潤いが低下してきているのを実感しています。肌の潤いが低下してくるとそれがシワの原因にもなります。そのため、私も出来る範囲で日々、いろいろな努力をしています。たとえば、それまで基礎化粧水などは安く手に入るものを使っていましたが、保湿や潤いを保てるアンチエイジング化粧品を使用するようになりました。正直、少し高価なものですが使用感が良く、効果もそれなりに実感できているため、ここ何年も継続して使用しています。それに、美容鍼にも月に何度か通っているのですが、マッサージやエステとは違ってそれだけでは届かない皮膚の奥まで鍼で刺激を与えることで肌の細胞が活性化されて再生を助けてくれるという効果があるそうです。即効性はないかもしれませんが、もうかれこれ1年くらい通っており、おかげさまで肌のトラブルもなく、調子もいいと思っています。それ以外にも月に一度、皮膚科でビタミンCなどを処方してもらって定期的に内服しています。どれもこれもインターネットで調べてかなり安く通えるところを選んで通っているため、それほど金銭的な負担は感じてはいません。よく、そんなにお金をかけられるね。などと皮肉交じりに友人や職場の同僚などには言われますが、お金はそれほどかけなくてもいろいろと調べれば自分で出来る範囲で肌のためにいいことはたくさん出来ます。何事もちょっとした努力は必要ですが、それで少しでもきれいを保てたら嬉しいし、それで同年代の人たちに少しでも差をつけられたら嬉しいというのが正直な女ごころだと思います。それ以外にも、今の時期はビタミンC補給のため(もともと美味しいから好きというのもありますが。)みかんをほぼ毎日食べています。睡眠時間も重要で最低でも毎日、6時間は摂るようにしています。たったひとつではなく、こうやっていくつも出来ることを取り入れていくことも大切だと思います。美容に詳しい有名人も以前に言っていたのを聞いたことがありますが、「美は一日にしてならず。」というのは納得できます。誰でも何事にも即効性をつい求めたくはなりますが、そうではなくて地道なコツコツとした日々の積み重ねが何よりも大切だと思います。これからも諦めずに地道に自分に出来ることを続けていきたいと思います。

敏感肌でもできちゃうお風呂上がり6分のお手軽スキンケア

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

敏感肌で肌に潤いのない私が3ヶ月ほど前に始めたのがPanasonicのスチーマーです。
スチーマーにもいろいろなタイプがあって、ナノケアタイプや温冷スチーマーが出るものなどがあり、値段もピンキリでした。

しかし、かなりずぼらな性格の私が選んだのは温スチーマーのみのタイプです。
使い方も簡単だし値段もとっても手ごろだったので、美容用品を買ってもだいたい1週間もせずに使わなくなってしまう私にはぴったりだと思ったからです。

お風呂から出て、パックや化粧水をやる前にまずはこのナノケアスチーマーを6分間顔に当てます。
ちなみにこの6分というのも、容器に入れる水の量で変えられます。
水を入れるタンクにメモリが書いてあって、タンク半分で3分、フルに入れて6分間スチーマーが出続けます。

顔にスチーマーを当てている間は両手が空くので、携帯をいじったりテレビを見ながらできます。
また、この時期は温かいスチーマーが気持ちよくて、あっという間に6分が過ぎます。
スチーマーを当て終わったらいつも通り化粧水と乳液をつけるだけです。

使い始めてすぐ、翌日の化粧のりの違いにびっくりしました。
いつもかさついている私の肌が、もちもちしていたのです!
そして、その簡単な使用方法と目に見える結果が嬉しくて、お風呂上がりの毎日の楽しみになっていました。
使い続ければ続けるほど、どんどん肌が綺麗になっていき、にきびができこともほとんどなくなっていったのです。
いつもかさかさで肌が突っ張っているような感覚があったのに、3ヶ月間ほぼ毎日使い続けていくうちに私の肌はもちもちの弾力を取り戻しました。

ちなみに、なぜ私がPanasonicのスチーマーを買おうと思ったのかも少しご説明させていただきます。
以前何かのテレビで「ホットタオルが肌にいい」とやっていたので、私もチャレンジしました。
お風呂上がりに濡らしたタオルを1分ほど電子レンジで温めて肌に当てるだけという簡単なものでした。

しかし、本当にずぼらな性格の私はお風呂上がりにタオルを温める作業がめんどくさかったのです。1分間待てなかったのです。

ただ、ホットタオルの効果はたしかにありました。
程よく温まったタオルを顔に乗せると気持ちいいし、1回でも効果を感じられるほどでした。

けど、めんどくさがりでずぼらな私には続かない、とのことでなんとなく電気屋に行ったときに目に付いたのがスチーマーでした。
これならなんとなく続く気がすると思って購入しましたが、本当に使いやすくて効果もしっかり現れるので購入してよかったと心から思っています。

これからも続けて、より綺麗な肌を目指します!

昔使っていたコスメが今はない!そんな時にできる対策術

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

私が初めてネットの通販でコスメを買ったのは、今からそんなに昔のことではありません。
コスメに興味が出てくる10代のころはネットがある時代ではなかったので・・というのも大きいと思いますが、ネットの通販を利用することに抵抗があったのです。個人情報を登録するのがどうも・・、今はそういう抵抗はなく、通販をよく使っています。あまりに警戒しないのもダメかもしれませんけど・・。通販で買い物をしてトラブルにあったということは、今のところはありません。
このあいだ引き出しを整理したら、ネット通販で初めて買ったコスメの容器が出てきました。スキンケアのトライアルセットで、けっこういい感触のものだったと記憶しています。
このコスメ、今はどんなラインナップが出ているのだろうかと公式サイトを検索して探したところ、サイトが出てこないのでもしかしたら、このコスメの会社はもうないのかもしれません。
コスメの移り変わりが激しいので、こういうことはよくあるのかもしれません。試しに使ったことを覚えている他のコスメについても調べてみたら、会社はあってもコスメが出てこないとか、やはり会社のサイトが出てこないとか・・、社名を変更しているところもあるかもしれません。
かつて使ったコスメだけじゃなく、使ってみたいと思っていたコスメも、探したらなくなっていたということがあります。コスメの入れ替わりが激しくてついていけません。日々どれくらいのコスメが出ているのでしょうか。そしてどれくらいのコスメが消えているのでしょうか。
そんな中で使い続けているコスメはオルビスです。使い続けているといっても、オルビス以外のコスメも使っているので、ここひとすじではないのですけど。
オルビスのコスメはおもにスキンケアのものを使っています。エイジングケアもオルビスです。べとつく感触が苦手なので、オイルフリーのコスメが好きなのかもしれません。
私はコスメに詳しくないし、そんなに多く使っているほうではないですが、それでも振り返るといくつものメーカーのコスメを使ってきました。その中で今でも販売されているコスメは、多くの人に支持され続けているわけで、オルビスにかぎらずすごいことです。
これから選ぶべきコスメは、新しく出たものか何十年も続いているコスメか・・、新しいコスメを試してみたいという気持ちはありますが、自分だったらあまり冒険せずに確実に肌に合うほうを選ぶほうがいいかなと思います。とはいえ肌そのものが変わったら、コスメも変えざるをえません。なので多少の冒険心は必要かもしれません。

今日のお手軽メイク!妊婦さんだってかわいく綺麗に

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

今日はバタバタの朝でした。
2歳娘が参加している子育て支援のサークルの日なのです。
8ヶ月の息子も連れていかなければなりません。
その上、お弁当まで持っていかなくてはならないのです。
まゆげを書いて、口紅を塗るのが精一杯かな…と思っていたら。奇跡的に時間、ありました。
でも下地を塗って、ファンデを塗って…というところまでの時間はないな、ということで、BBクリームですませることにしました。
私が持っている化粧品は、すべてプチプラで、コスパ重視のものばかりです。
まずBBクリームはカネボウのフレッシェル。
これは、かなり優秀品でリピートしまくってます。
以下が良い点です。伸びがよい。うすづきなのにしっかりとしたカバー力。コスパ抜群。安い。崩れにくい。
いいことたらけじゃないですか?
下手にファンデを塗るよりもお肌綺麗に見えるのでオススメですよ。
しかも下地を塗ってファンデを塗るよりも行程をひとつ減らせますからね。
ドラッグストアならどこでも売ってますから、手に入りやすいのもよいです。
デパートでしか売ってないようなブランドのものだと、子連れで買いにいくのは、かなり気力と体力を必要としますからね。
買いやすさってとても大事です。毎日使う人なら、なくなるのも早いですから、買う頻度も多くなりますよね。
BBクリームを二分ほどで塗り終わったら、つぎはフェイスパウダーです。
こちらも、もちろんプチプラ品です。
カネボウのメディアのものを使っています。
ただ、安いのはいいんですが、レフィルだけで売ってないんですよね。
レフィルの販売があったら、もっと安くてすむし、ケースをもったいないなぁと思いながら捨てることもないんですけどね。
こちらもかなり優秀品です。BBクリームを塗ってペタペタしていたお肌が、すぐさらっさらになります。
化粧もちがぐんとよくなりますよ。
ただ、このパウダー自体にはカバー力がありません。
あくまでもBBクリームのもちをよくするために使っています。
BBクリームにカバー力があるので、その点は納得して使っています。
ただ以前にアナスイのフェイスパウダーをつかっていた時は、そのカバー力に感動しました!これはもしかしてファンデいらないんじゃない?と思ったくらいです。それを試すためにも、また使いたいなーと思うときもあります。
でも今は専業主婦なので…なかなか買えないのが現実です。
いつか使いたいものでいえば、ミラノコレクションもあります。いつか、実現できるように、がんばります!

わたしがお肌のためにきをつけていること!今からできる事を始めよう

Published / by 4w4spbft / Leave a Comment

わたしがお肌のためにきをつけていることは、外側から美しくすることよりもむしろ、内側から美しくすることです。具体的には、食べ物にきをつかいます。お肌に一番わるいのは、酸化した油なので、ジャンクフード、とくに、ポテチと、即席麺はたべないようにしています。実際、カップヌードルは、ほとんどたべたことがないといってもいいくらいです。ポテチもまず食べません。逆につとめてたべているのは、野菜と、果物、それに鶏肉です。鶏肉には、コラーゲンという成分がはいっていて、これは、美肌にとてもよい成分です。お肌がつかれたなとおもったら、ですので鶏肉をたべます。とくに皮のところがお肌によいそうです。食べ方は簡単。胸肉なら、蒸しどりにします。ももにくなら、ソテー。ものの10分でできてしまいます。これをほぼ一日おきくらいにたべます。野菜や果物は毎日。とくに、ビタミンCの多い、レモンや、いちごなどを選んでたべます。ビタミンCは水溶性で過剰にとっても、尿と一緒に毎日排泄されてしまうので、毎日適量を継続的にとることが大切。ぎゃくにいえば、とりすぎでからだをこわすこともない成分だといえます。レモンなどに多くふくまれているので、輪切りにしてお砂糖付けニスルといいですね。もちろん、食べ物だけでは美肌はできません。洗顔にきをつけたり、ファンデーションで皮膚呼吸をさまたげたりしないように、普段は、素肌をこころがけます。女優さんも、仕事のときいがいは、お化粧をしないのは、有名な話。お肌をつかれさせないためです。お化粧、とくにファンデーションは、皮膚呼吸をさまたげるだけでなく、おとすときにも肌に過剰の負担をかけます。しっかり落とすためには、オイルなどの化粧落としをつかう必要がありますが、これが、お肌に必要な油分までおとしてしまうのです。普段素肌を心掛ける以外で、必要なのは、紫外線対策。お肌の大敵は乾燥だと一般におもわれていますが、それだけではありません。もっとおおきな敵は、紫外線です。紫外線には、お肌を黒くするはたらきだがあるだけでなく、しみの原因もつくってしまいます。メラニンにはたらきかけるためです。このため、日焼け止めは、毎日かかせないものになります。紫外線がおそってくるのは、夏だけではありません。晴れのひだけでもありません。曇りのひにも紫外線はそそいでいます。それに、洗濯物をほすちょっとの時間にも、紫外線はふりそそいでいます。なので、朝の洗顔をすませたら毎日の習慣として、日焼け止めをぬるのが、おすすめです。